ひのき硬さと強度について


木綿のように、やさしい木肌のヒノキ材。
温かみがあり、なめらかで気持ちの良い手ざわりから、
「傷がつきやすいのではないの?」
なんて言われることがありますが、
日常使用では、まったくもって問題ありません。

ひのきの気持ちよさ

一般的に、家具用木材は「針葉樹」と「広葉樹」に大きく分けられます。
 
針葉樹ーーーーーーーーーー桧・杉・椹・パインなど
広葉樹ーーーーーーーーーー楢・桜・栗・ウォールナットなど
 
「針葉樹」と「広葉樹」、葉の形や木肌の色などの違いがありますが、
その大きな違いは木質であって、木としての細胞構成が異なります。
細胞密度差による、木材中の空気含有量が 性格を大きく分けてしまっているのです。
確かに「針葉樹」は「広葉樹」より硬くはないですが、それゆえメリットもあります。
また、針葉樹の中でも「ヒノキ」は油分を多く含んでいるという事で、
さらなる「優れモノ」なのです。
 
「汚れが浸透しづらく衛生的で、メンテナンスが思いのほか簡単」
「高級お風呂に使用されるほど水に強いので、安心して水拭きができる」
「日常で発生する小さな傷や凹みは、水拭き程度で復元していってしまう」
「夏はほど良い涼しさを、冬はほど良い温もりを与えてくれる、やさしい触感」

ひのきの気持ちよさ

子供たちが、机に「ほおずり」をしたくなるのは、
この「ほど良い硬さ」の性格ゆえのもの。
子供たちが、元気に家中を駆け回っても、
ちょっぴり安心・安全な「ほど良い硬さ」のヒノキ家具。
きっと、やさしい木肌は家族を暖かく見守り、
子供たちの優しい感性を育んでくれるはずです。


TOPページ