ヒノキクラフト
きもちいい生活 きもちいい家具 ヒノキクラフト
トップページに戻る
スペース

カテゴリー

お読みください

ショッピングカートを見る

商品検索

店舗ご案内

店舗案内・地図はこちら

〒420-0874
静岡県静岡市葵区辰起町8-12

お問い合わせ先
(お電話でもお気軽にどうぞ)
TEL 054-274-1800
FAX 054-273-7213

営業時間/10:00~17:00
定休日
・土曜日
・祝日(日曜日は営業)
・年末年始
・大型連休

企業情報はこちら
ショップブログはこちら

日本檜を使うわけ

ヒノキにこだわるのには、ワケがあります。

クマがたびたび人里に出没することがあります。
原因に「人工林の管理不足」があげられます。
木、とりわけヒノキやスギなどの針葉樹は、
人がつくることのできる唯一の自然資源です。
日本のいたるところで植林が行われましたが、
いつのまにか放っておかれるようになりました。
ヒノキやスギがのび放題となったことで、
地面に太陽の光があたらなくなり、
クマの好物の木の実をつける、
背の低い木が育たなくなってしまったのです。
クマは、食べものを求めて人里に下りてきます。
人と出会えば、大変なことになってしまいます。
でも、
クマは、何も悪いことをしていないのです。

自然

「人工林の管理不足」のからくり

人工林が管理されなくなったのは、
安く大量に手に入る外材におされ、
日本の木材が売れないという、
単純な構図によるものです。
売れなくても森林を管理する経費は掛ります、
それならいっそ、森林管理をやめてしまおうと、
人工林から徐々に人の姿が消えていきました。
のび放題になった木々は、
光を十分に得られず、やせ細りました。
根は浅く、土壌も育たず、
土砂崩れなどの災害も引き起こします。
なんとなく、イメージできてきたはずです。
日本の森は放置しておいてはいけないのです。
日本の木を使わなくてはならないのです。

伐採
伐採の様子
土砂崩れ
土砂崩れ

針葉樹と広葉樹

木は、大きく2種類に分けられます。
針葉樹(しんようじゅ)と、広葉樹(こうようじゅ)。

文字通り訳すと、葉っぱの形状がちがうのですが、
背の高さや成長の早さも異なります。

針葉樹の葉

広葉樹の葉

針葉樹の木

広葉樹の木

針葉樹の林

広葉樹の林

針葉樹の森

広葉樹の森

針葉樹=まっすぐに伸びて、背が高い。
広葉樹=太く育って、背が低い。

針葉樹は、伐採すると根が枯れてしまいます。
新たに苗を植え、枝打ちや間伐を繰り返し、
50年ほどで伐採の時期をむかえます。

広葉樹は、伐採しても根が深く、
自然に芽をだします。
複雑な手入れをしなくても成長し、
80年ほどで伐採の時期をむかえます。

針葉樹は、
比較的短い期間で育つので計画生産しやすく、
これまでも多く植林がなされてきました。
古くは、室町時代から行われてきたとも。
唯一人の手でつくりだすことのできる資源です。

今、できること

それは、日本の木、
特に針葉樹をたくさん使うことです。

素材として積極的に使うことで、
山林に人が戻り、人の手が入ります。

人の手が入ることで、間伐や枝打ちが行われ、
地面に光が入ります。

光によって、土壌が育ちます。
土壌は、植物をのびのびと育ててくれます。
土壌の養分は、川へ流れだします。
川は、その養分を海へとそそぎます。
豊かな海は、多くの幸を与えてくれます。

豊潤な恵みは、すべて森から始まっています。

ヒノキは、日本を代表する針葉樹です。
たくさん使って森に元気を与え、
その後、計画的に広葉樹を植林することで、
森の調和がはかれます。

だいじに、だいじに、ヒノキを使わせてもらう。

そうすることで、森は豊かになります。
私たちの生活も、ココロも、豊かになります。

ヒノキも、きっと喜んでくれるはずです。

伐採跡地
伐採跡地
切り株
切り株の横に苗が
針葉樹と広葉樹
針葉樹と広葉樹の林